がん保険の特徴とメリット

がん保険とは、さまざまな医療保険のうちでも、特にがんだけを対象として保障する保険です。がんと診断された時やがんの治療を受けた時、それぞれに保険会社から給付金が出るという商品が多数を占めます。心筋梗塞あるいは脳卒中専用の保険と同じく、特定疾病保険とも呼ばれています。 日本では国民健康保険などの公的医療保険に国民全員が加入しており、治療費の自己負担額は低く抑えられています。がん専用の保険に入らずにがんにかかったら治療費で破産だとか、公的保険だけでは十分な医療が受けられない、というような状況にはなりません。ですからこうした民間のがん保険の役割は、公的保険の自己負担額の補てん、通院にかかる交通費や休職の際の収入補填などが中心となります。

賃貸物件のことならYSHOME国分寺店

『薄毛が気になったら』あなたにあった治療法で健康的な髪を取り戻します!

ダイヤモンドの買取価格の相場はいくら?

太陽光発電 トラブル 事例

新宿の賃貸会社はこちら

ページ一覧

  • TOP
  • がん保険加入は自分にあった商品を
  • 何でも保障してくれるがん保険
  • 万が一の備えとして加入するがん保険について
  • がん保険の重要性について